コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝山[町] かつやま

4件 の用語解説(勝山[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

勝山[町]【かつやま】

岡山県北部,真庭郡の旧町。旭川と新庄川の合流点にある主集落勝山はもと高田という出雲街道の駅で,姫新(きしん)線に沿い,農産物,木材を集散。特産に高田硯(すずり)がある。

勝山[町]【かつやま】

福岡県北東部,京都(みやこ)郡の旧町。中心は国道201号線沿いの街村。米作を行うほか,木材,シイタケタケノコも産する。北九州市への通勤者が増加している。2006年3月,京都郡犀川町,豊津町と合併し町制,京都郡みやこ町となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かつやま【勝山[町]】

岡山県北部,真庭郡の町。人口9798(1995)。古代は《和名抄》の真島郡高田郷の地で,南北朝時代から山城の高田城があった。1764年(明和1)三浦氏が2万3000石で入封して勝山城と改め,町は城下町として,また旭川水運と出雲街道の結節点として発展した。旭川上流の本支流流域を町域とし,大部分が森林で,杉,ヒノキの植林が盛んである。林業は古くから行われ,かつて木材は旭川をいかだ流しされた。現在も木材および木製品,家具の生産が多い。

かつやま【勝山[町]】

福岡県北東部,京都(みやこ)郡の町。人口7602(1995)。北は北九州市,東は行橋市に接する。町南部に残る御所ヶ谷,仲哀天皇平,御手水(おちようず)などの地名は邪馬台国の名残りともいわれる。綾塚,橘塚など古墳もきわめて多い。平尾台,竜ヶ鼻などの山地・丘陵に北・西・南三方を囲まれ,東流する長峡川沿いに低地が開ける。中央を東西に走る国道201号線は仲哀トンネルを経て田川市に抜ける。米作を主体とする農業が主産業であるが,竜ヶ鼻一帯に埋蔵する石灰石を背景としたセメント,苅田(かんだ)町に進出した自動車関連など工業も盛んになりつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勝山[町]の関連キーワード田川尾花沢御殿場裾野豊前宮古宮若都島みやま紀宮子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone