コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大川[市] おおかわ

2件 の用語解説(大川[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大川[市]【おおかわ】

福岡県南部,筑後川河口に近い左岸の筑紫(つくし)平野部を占める市。1954年市制。筑後川水運と有明海航路の要港であった若津を中心に発達。江戸末期から筑後川上流の良材による家具・建具製造が盛んで,販路は西日本一帯に及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおかわ【大川[市]】

福岡県南西部の市。1954年大川町と三又,木室,田口,川口,大野島の5村が合体,市制。人口4万3341(1995)。筑後川東岸の河口に近い三角州平野を占め,1751年(宝暦1)久留米有馬藩が若津港を開いてから筑紫平野の物資集散の港町として発展した。1536年(天文5)に始まるといわれる家具・建具の生産は筑後川上流域の良質で豊富な木材を利用して著しく発達し,全国有数の木工業の町となった。建具はアルミサッシにおされて衰えたが,家具中心の木材・木工業は工業出荷額の9割以上を占め,小工場が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone