コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山[市] おやま

2件 の用語解説(小山[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小山[市]【おやま】

栃木県南端の市。1954年市制。思川,巴波(うずま)川など渡良瀬川支流の沖積平野を占める。中心市街は日光街道の宿場町,市場町,思川の河港として栄え,明治以降は東北本線両毛線,水戸線の交差する交通の要衝となり,1982年東北新幹線が通じた。
→関連項目壬生通り両毛線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おやま【小山[市]】

栃木県南部にある市。1954年小山町と大谷村が合体,市制。人口15万0115(1995)。市の主要部は思(おもい)川の東岸にあり,中世以来の小山氏城下町で,江戸時代日光道中の宿場町,思川水運の河港として栄えた。明治以降は東北本線から両毛線と水戸線が分かれ,国道4号線と50号線が交差する交通の要地となり,地方物資の集散地として農産物加工業が発達した。伝統産業の結城紬のほか醸造,製粉,製菓などの食料品工業,第2次世界大戦後の高度成長時代に造成された工業団地に電機,自動車部品,通信機,金属,建設機械およびアルミニウム工業などが進出して,県内2位の工業生産額(1995)を示す工業都市に発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小山[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone