コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山[町] おやま

百科事典マイペディアの解説

小山[町]【おやま】

静岡県北東部,駿東(すんとう)郡の町。酒匂(さかわ)川上流部と富士山東斜面を占め御殿場線が通じる。明治中期以後紡績工業が発達。西部の須走(すばしり)は富士山の登山口で,陸上自衛隊富士学校,富士スピードウェイがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おやま【小山[町]】

静岡県北東部,駿東郡の町。人口2万2780(1995)。富士山東麓に位置し,東は神奈川県,北は山梨県に接する。北西端は富士山頂付近に達し,北の丹沢山地,東の箱根外輪山,足柄山に囲まれ,町域の大部分山林などで占められ,平地は少ない。しかし富士,箱根両山地に発する鮎沢川をはじめ多くの川が流れ,豊かな水資源を利用して,大規模な紡績工業が発達している。京浜地域に近く,用地用水,交通などの立地条件に恵まれて,近年多くの工場が進出している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小山[町]の関連キーワード酒匂川酒匂

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android