干害・旱害(読み)かんがい

精選版 日本国語大辞典「干害・旱害」の解説

かん‐がい【干害・旱害】

〘名〙 ひでり続きによって受ける農作物などの損害。《季・夏》
東京日日新聞‐明治二六年(1893)八月一五日「稲草は世に日照草と称し、些少の旱害は敢て感ぜざるのみならず」
[補注]「干害」は「旱害」の書き換え。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android