得(漢字)

普及版 字通「得(漢字)」の解説


常用漢字 11画

[字音] トク
[字訓] うる・とる・さとる

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 会意
彳(てき)+貝+(又)(ゆう)。彳は行路。は手。他に赴いて貝貨(財産)を取得することをいう。卜文の字形は貝をもつ形。〔説文〕二下に「行きて得るるなり」とみえる。金文に「之れを得たり」というのは獲得の意。〔左伝、定七年〕「用をるを得と曰ふ」とあり、本来財貨を収奪し、獲得することをいう。また(とく)と通用し、古くはその義があった。

[訓義]
1. うる、とる、手に入れる、むさぼりとる。
2. あたる、かなう、とげる。
3. さとる、わかる、しる。
4. 贖・悳(とく)・徳と通じ、あがなう、恩に思う、めぐむなどの意に用いる。
5. 動詞の下に語詞的に加えて用いる、記得、料得など。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕得 ウ・ホシイママ 〔字鏡〕得 ホシイママ・ウ・エタリ

[声系]
〔説文〕八下に「(とく)は取るなり」とあり、字をに作るが、見は貝の誤り。は得の初文。得は金文において贖の意に用いることがある。

[語系]
得・・悳・(徳)tkは同声。もと同じ語源の語であろう。jiok、贖djiokも声義近く、得はまた贖の意に用いる。

[熟語]
得安・得意得一・得・得過・得解・得閑・得間・得挙・得業・得極・得君・得幸・得采・得罪・得策・得志・得旨・得時得失・得実・得手・得終・得所・得勝・得色・得職得心・得勢・得喪・得脱・得中・得得度・得道・得得得能・得民・得名・得利・得理
[下接語]
会得得・獲得・学得・感得・記得・帰得・求得・計得・見得・後得・得・購得・自得・写得・取得・収得・拾得・修得・習得・所得・心得・新得・生得・性得・説得・損得体得・貪得・知得・独得・納得・能得・買得・余得・利得・留得・了得・両得・料得・領得

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android