コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉[村] あさくら

1件 の用語解説(朝倉[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あさくら【朝倉[村]】

愛媛県北部,越智(おち)郡の村。人口5044(1995)。高縄半島の東部に位置し,三方を山に囲まれ,頓田(とんだ)川に沿って今治平野南端の低地が開ける。古代は《和名抄》に記された朝倉郷の地で,名神大社の多伎神社があり,応永年間(1394‐1428)に当地を支配した河野氏が社殿を造営している。基幹産業は農業で,米作のほかミカン,梨の果樹栽培,キュウリトマト施設園芸行われる。今治市に隣接する北東部の下朝倉地区では都市化が進み,同市への通勤者も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone