物狂おしい(読み)モノグルオシイ

デジタル大辞泉の解説

もの‐ぐるおし・い〔‐ぐるほしい〕【物狂おしい】

[形][文]ものぐるほ・し[シク]何かにとりつかれて正気を失っているようである。また、気が変になりそうである。「―・く感じられるほど魅力的な女性」「―・い思い」
[派生]ものぐるおしげ[形動]ものぐるおしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものぐるおしい【物狂おしい】

[文] シク ものぐるほ・し
心の平衡を失いそうである。惑乱しそうである。
ただごとではない様子である。常軌を逸している。 白山の観音これ消えさせ給ふなと祈るも-・し/枕草子 87
[派生] -げ 形動 -さ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android