コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塡まる/嵌まる ハマル

デジタル大辞泉の解説

はま・る【塡まる/×嵌まる】

[動ラ五(四)]
穴の部分にぴったりとはいる。うまくはいっておさまる。「栓が―・る」「ボタンが―・る」「型に―・る」
うまくあてはまる。「条件に―・る」「役に―・る」
くぼんだ場所などに落ち込む。「堀に―・る」
計略にのせられる。だまされる。「敵の術に―・る」
かかわりあって抜け出せなくなる。また特に、女性の色香におぼれる。「悪の道に―・る」
「女に―・って訳もなく家蔵を潰したり」〈紅葉多情多恨
[可能]はまれる
[補説]5は、近年、「すっかり旅行にはまっている」のように、のめり込んでいるようすを、肯定的にとらえた意味でも用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

塡まる/嵌まるの関連キーワード計略色香補説家蔵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android