コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めろめろ メロメロ

デジタル大辞泉の解説

めろ‐めろ

[副]
炎が燃え上がるさま。めらめら。
「それが黒い趾を残して―と燃え拡がるのを見るのが」〈長塚
いくじなく泣くさま。めそめそ。
「ええ、―とほえづら、こりゃ勘平が武士はすたったわやい」〈浄・忠臣蔵
[形動]しまりがなくなるさま。自制力・抵抗力などを失うさま。「恋人の前ではめろめろになる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めろめろ

( 形動 )
しまりなく崩れるさま。だらしがないさま。 「孫には-だ」 「主将のけがでチームは-になった」
( 副 )
めらめら 」に同じ。 「 -と燃え拡がるのを見るのが/土
めそめそ 」に同じ。 「 -と吠頰ほえづら/浄瑠璃・忠臣蔵」 〔「 -に」などの場合、アクセントは [0]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

めろめろの関連情報