無理無体(読み)ムリムタイ

デジタル大辞泉の解説

むり‐むたい【無理無体】

[名・形動]相手の意志を無視して、強制すること。また、そのさま。「無理無体な要求」「いやがる子を無理無体に連れ出す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むりむたい【無理無体】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
相手の意向にさからって、強引に行う・こと(さま)。 「 -な要求」 「いやがるものを-にやらせる」 「お前がそんなに厭がるものを-に私がこんな事をして済まないが/真景累ヶ淵 円朝
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

むり‐むたい【無理無体】

〘名〙 (形動) 相手の意向にかまわず強いて物事を行なうこと。無法に強制すること。また、そのさま。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※葉隠(1716頃)一「無理無体に奉公に好き、無二無三に主人を大切におもへば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無理無体の関連情報