成る可く(読み)ナルベク

デジタル大辞泉の解説

なる‐べく【成る可く】

[副]《動詞「な(成)る」の終止形+可能の助動詞「べし」の連用形から》できる限り。できるだけ。なるたけ。「成る可く早く行く」「成る可く残さずに食べなさい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なるべく【成る可く】

( 副 )
〔動詞「成る」の終止形に助動詞「べし」の連用形が付いたもの〕
可能であればそうしたい、そうしてほしいという気持ちを表す。 できることなら。なるたけ。 「 -出席するように」
[句項目] 成る可くは

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android