コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

必ず カナラズ

デジタル大辞泉の解説

かならず【必ず】

[副]《「かり(仮)ならず」の音変化》
例外のないさま。きまって。いつでも。「毎朝必ず散歩する」「会えば必ず論争になる」
確実な推量、または強い意志・要請を表す。まちがいなく。絶対に。きっと。「いつかそういう日が必ず来る」「必ず勝ってみせる」「印鑑を必ず持参すること」「必ず成功するとは限らない」
(あとに打消しや禁止の語を伴って)決して。かならずしも。
「行幸といへど、―かうしもあらぬを」〈行幸
[用法]かならず・きっと――「この薬を飲めば必ず(きっと)病気が治る」「勉強すれば必ず(きっと)合格する」など、両語とも可能性の強い状態を表すが、「必ず」のほうが確率的により高い場合に使う。◇両語とも「この借りは必ず(きっと)返す」のように決意を表す語としても用いられる。◇「三に二をかけると必ず六になる」「太陽は必ず東から昇る」など、不変の真理を表す場合には「きっと」は使わない。逆に「彼はきっと帰ったんだろう」など、推量の気持ちの強いときには、「必ず」は使わない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かならず【必ず】

( 副 )
〔「仮かりならず」からできた語か〕
一つの例外もなく、ある物事が起こるさま。ある条件のもとで例外なく起こるさまにも用いる。例外なく。常に。 「生あるものは-死ぬ」 「会えば-けんかになる」
まちがいなく。きっと。 「 -来てください」 「 -成功してみせる」 「宿題を-やりなさいよ」
(下に禁止や打ち消しの語を伴って)決して。必ずしも。 「 -一味同心なることは候はず/平家 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

必ずの関連キーワード始め有るものは必ず終わり有りシステム終了項目フォルダー三奉行(江戸幕府三奉行)隠れての信は顕れての徳二度あることは三度ある香餌の下必ず死魚ありハイデンハインの法則叩けよさらば開かれん生ある者は必ず死あり月満つれば則ち虧く愚者にも一得一念天に通ず闇夜に目あり末の露本の雫出ると負け善の裏は悪信賞必罰必修科目造次顛沛先手必勝

必ずの関連情報