強いて(読み)シイテ

デジタル大辞泉「強いて」の解説

しい‐て〔しひ‐〕【強いて】

[副]《動詞「し(強)いる」の連用形に接続助詞」が付いてできた語》
困難・抵抗反対などを押し切って物事を行うさま。あえて。むりに。むりやり。「いやがる子に強いてやれとは言えない」
むしょうに。むやみに。
「—悲しと覚え給ひけり」〈柏木
[類語]平に敢えてむりやり努めてできるだけ極力なるたけなるべく可及的必ずきっと絶対是非何としてもどうしても何が何でも是が非でも押してたってどうぞどうかくれぐれも願わくはなにとぞなんとかまげてひとつ必ずや必然必定必至不可避誓っててっきり違いないはず決まってすなわち否が応でも否でも応でもいやでもいやとも是非ともとくととっくり重ね重ね奮って積極的自発的能動的意識的主体的意図的意欲的精力的自主的活動的好んで進取前向きわざわざわざとことさら乗り気求めて進んで我勝ち我先我も我も喜んで喜ぶしゃかりきしゃにむにどしどしアクティブアグレッシブポジティブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android