コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強いて シイテ

デジタル大辞泉の解説

しい‐て〔しひ‐〕【強いて】

[副]《動詞「し(強)いる」の連用形接続助詞」が付いてできた語》
困難・抵抗・反対などを押し切って物事を行うさま。あえて。むりに。むりやり。「いやがる子に強いてやれとは言えない」
むしょうに。むやみに。
「―悲しと覚え給ひけり」〈柏木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しいて【強いて】

( 副 )
〔動詞「強いる」の連用形に助詞「て」の付いた語〕
困難や反対などを押し切って、物事を行うさま。むりに。むりやり。 「嫌なら、-することはない」 「 -言えば(=無理ニ表現スレバ)彼は芸術家だ」
むしょうに。むやみに。 「はらからの君たちよりも-悲しとおぼえ給ひけり/源氏 柏木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

強いての関連キーワードアウシュヴィッツチェック・アンド・バランセスメガラ(ギリシア神話)ネブカドネザル2世毛を吹いて疵を求む押す・圧す・捺す聞き做す・聞做すブラック企業大賞トライボロジー去る者は追わず高島炭鉱暴動顔面神経麻痺コンツェルン居住の自由パルチザンライザップこじつけるアロパシー事を構える無理強い

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強いての関連情報