達て(読み)たって

精選版 日本国語大辞典「達て」の解説

たっ‐て【達て】

〘副〙 (「」はあて字)
① 無理を押してもしゃにむに物事をするさまをいう。強いて。是非とも。無理に。
※石山本願寺日記‐証如上人日記・天文六年(1537)六月一一日「寺中六人之坊主、樽可出候之由申候へ共、無用之由度々申候。雖然達て申候条」
※曾良宛芭蕉書簡‐元祿七年(1694)閏五月二一日「なごやまで見舞に参、なるみへ引かへすべきよし達而申候をいろいろ挨拶致かへし候」
② 「たっての」の形で、下にくる行為が切実であることを強調する。強い。はげしい。切迫した。
※咄本・評判の俵(1788)「蜂にさされあいたあいたとたってのくるひ居れば」
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)四「達ての所望ならば、ハテ、売(うっ)たがよい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「達て」の解説

たっ‐て【達て】

[副]無理を承知で強く要求・希望するさま。是非とも。どうあっても。「達て欲しいというのではない」「達ての願い」
「—お前が其処そこ退かないというのなら」〈露伴・蘆声〉
[補説]「達」は当て字
[類語]強いて敢えて押してむりやり是非無理何としてもどうしても何が何でも是が非でも必ずきっとどうぞどうかくれぐれも願わくはなにとぞなんとかぜひともまげてひとつ必ずや必然必定必至不可避誓っててっきり違いないはず決まってすなわち否が応でも否でも応でもいやでもいやとも是非とも奮って積極的自発的能動的意識的主体的意図的意欲的精力的自主的活動的好んで進取前向きわざわざわざとことさら乗り気求めて進んで我勝ち我先我も我も喜んで喜ぶしゃかりきしゃにむにどしどしアクティブアグレッシブポジティブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android