コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福山[市] ふくやま

百科事典マイペディアの解説

福山[市]【ふくやま】

広島県南東部,瀬戸内海に面する市。1916年市制。主要市街地は芦田川三角州にあり,山陽本線・新幹線,山陽自動車道が通じ福塩線が分岐する。1966年西隣の松永市と合併。
→関連項目加茂吉備津神社福塩線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくやま【福山[市]】

広島市東部にあり,1916年市制。1956年に周辺10町村を合わせ,66年松永市,74年芦田町,翌年加茂,駅家2町と合体。市域を広げた。人口37万4517(1995)。市街地は芦田川の下流平野を中心に福山湾岸や松永湾岸にひろがる。江戸初期に水野氏の城下町として開かれ,以後松平氏,阿部氏の治世が続くなかで三角州と前面の海を干拓し,米作のほかワタ,イグサなどの栽培や製塩を行った。明治になると備後畳表,備後かすり,福山琴,松永下駄などの伝統地場産業を中心に商工業が盛んとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

福山[市]の関連キーワード瀬戸内工業地域沼名前神社仙酔島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android