重箱の隅を楊枝でほじくる(読み)ジュウバコノスミヲヨウジデホジクル

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうばこ【重箱】 の 隅(すみ)を楊枝(ようじ)で=ほじくる[=つつく]

些細な点まで干渉、穿鑿(せんさく)したり、どうでもよいようなつまらない事柄にまで口出しをすることのたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

重箱の隅を楊枝でほじくる

重箱の隅に残ったものを楊枝でほじくり出す。ささいな点まで干渉し、せんさくしたり、どうでもよいようなつまらない事柄にまでいちいち口出しをすることのたとえ。

[使用例] 楊枝で重箱の隅をほじくったようなことを言って得意がっている[田山花袋*東京の三十年|1917]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる