コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶすぶす ブスブス

デジタル大辞泉の解説

ぶす‐ぶす

[副]
炎をあげず、煙だけ出して燃えるさま。「湿った薪がぶすぶす(と)くすぶる」
不平・不満を小声で言うさま。ぶつぶつ。「陰でぶすぶす(と)文句を言う」
針や刃物を柔らかいものに繰り返し突き刺す音や、そのさまを表す語。「槍をぶすぶす(と)突き立てる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶすぶす

( 副 )
炎を出さず、煙だけ出して燃えるさま。 「 -(と)くすぶる」
小声で不満や怒りをとなえるさま。また、陰でそれらを言うさま。 「陰で-(と)言っていてもだめだ」
刃物や針などが何度も突き刺さる音を表す語。 「障子に-(と)穴をあける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぶすぶすの関連キーワードぶつぶつ障子

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android