とっくり(読み)トックリ

デジタル大辞泉の解説

とっくり

[副]念をいれて物事をするさま。十分に。よくよく。とくと。「とっくり(と)考えて結論を出す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とっくり

( 副 )
(「と」を伴っても用いる)よくよく。十分に。念を入れて。とくと。 「わかるまで-(と)言って聞かせる」 「一晩-(と)考える」 「 -と其点それを聴いた上で/魔風恋風 天外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とっくり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
※古活字本荘子抄(1620頃)四「似合たる譬をもて物を云て其始末をとっくりと合て云ん」
洒落本・青楼昼之世界錦之裏(1791)「夕ぎりどのの心底、虚か実をとっくりと正した上にて根引をし」
② 心身がくつろぐさまを表わす語。ゆっくりと。
※洒落本・自惚鏡(1789)武ざ「それじゃきうくつで、とっくりしいせん」
③ 日がすっかり暮れて暗くなるさまを表わす語。とっぷり。
※俳諧・枯尾花(1694)下「茶を精出してはこぶ弟〈游刀〉 とっくりと花に夕日の入すまし〈丈艸〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とっくりの関連情報