コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルコ石 トルコいしturquoise

翻訳|turquoise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルコ石
トルコいし
turquoise

組成 CuAl6(PO4)4(OH)8・4H2O 。トルクワーズ,トルコ玉ともいう。三斜晶系。硬度5~6,比重 2.6~2.8。青ないし淡青色のガラス光沢。条痕は淡緑色。塊状または短柱状の結晶。劈開{001}に完全。前 4000年以前にシナイ半島で産出し,のちエジプトやペルシア産のものが,ヨーロッパにトルコ経由でもたらされたためこの名があるが,トルコからはほとんど産出しない。主産地はエジプト,アメリカ,イラン,中国。色調の美麗なものは古くから宝石として利用されてきた。 Alのほとんど,またはすべてが Feによって置換されたものは,鉄トルコ石と呼ばれる。アルミナに富む岩石中に2次鉱物として産出し,玉髄褐鉄鉱などと共生する。 12月の誕生石

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トルコいし【トルコ石 turquoise】

淡青緑色を呈する美しい色彩のものを飾石に用いることで知られる鉱物。化学成分CuAl6(PO4)4(OH)8・4H2O。AlがFe3+で置換されたものを鉄トルコ石chalcosideriteと呼ぶ。三斜晶系に属し,短柱状結晶となるが,多くは塊状を示す。比重2.6~2.9,モース硬度5~6。淡青色~空色,ガラス光沢条痕色は淡緑色。なおこの色彩は,乾燥状態で放置したり,酸およびアンモニアなどの処理を行うことによって変色する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トルコいし【トルコ石】

〔ペルシャ原産だがトルコを経て欧州へ入ったことによる名称〕
青または青緑色の鉱物。美しいものは宝石や飾り石にする。12月の誕生石。トルコ玉。ターコイズ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルコ石
とるこいし
turquoise

美しい淡緑青色を呈し、飾り石となる銅の含水リン酸塩鉱物の一つ。トルコ玉ともいう。多くは地表の風化によって泥岩中に二次的につくられ、ときに銅鉱床の酸化帯中にも産する。熱水交代起源の粘土鉱床中にも生成されることがある。自形はまれで短柱状。多くは塊状、土状、皮膜状などである。日本では栃木県日光(にっこう)市から少量を産する。銅のかわりに亜鉛、第一鉄、カルシウムが、アルミニウムのかわりに第二鉄イオンが入ることによって、同構造のいくつかの独立種と化学組成上連続する。現在では、合成によってかなり良質のものがつくられるようになっている。12月の誕生石である。命名は、中世に飾り石としてペルシア産のものがトルコを経由してヨーロッパへ輸入されたことによる。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トルコ石の関連キーワードトルコ石(データノート)コジャアフメドヤサウィ廟フランス石油[会社]アルマンスールモスクカボッション・カットシャフリ・ソフタ遺跡ターコイズグリーンニーシャープールネイシャーブールターコイズブルーシャフレ・ソフテホラーサーン州キルクーク油田インダス文明ラピスラズリ石(いし)大汶口文化ウルモスク金器・銀器アヘイル石

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トルコ石の関連情報