コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕事(物理) しごと

1件 の用語解説(仕事(物理)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

仕事(物理)【しごと】

物体にはたらくと,その力によって物体が力の方向に動いた距離との積。力の方向の移動が力と同じ向きであれば,〈力が物体に対して仕事をした〉という。仕事単位はエネルギーと同じジュール,CGS単位はエルグ
→関連項目位置エネルギーキロワット時コリオリころがり摩擦自由エネルギー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

仕事(物理)の関連キーワード圧力応力抗力重力質量浮心側圧クッタジュコフスキーの定理ハイドロダイナミックス瞬間弾性率ずり粘度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone