コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

党(日本史) とう

1件 の用語解説(党(日本史)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

党(日本史)【とう】

中世の弱小武士団の連合組織。平安時代以後,一族の首長たる惣領(そうりょう)が庶子を半ば主従制的に支配統制し,武士団は血縁的に結合していた。しかし一族内で分割相続が繰り返されると,こうした縦の結合は解体し,各庶子家の自立を前提とし横に結合する組織が生まれた。
→関連項目武蔵七党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

党(日本史)の関連キーワード衆徒松浦党氏の長者大口袴那須七党旗頭武士団県連里曲UAI

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone