コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

党(日本史) とう

百科事典マイペディアの解説

党(日本史)【とう】

中世の弱小武士団の連合組織。平安時代以後,一族の首長たる惣領(そうりょう)が庶子を半ば主従制的に支配統制し,武士団は血縁的に結合していた。しかし一族内で分割相続が繰り返されると,こうした縦の結合は解体し,各庶子家の自立を前提とし横に結合する組織が生まれた。
→関連項目武蔵七党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

党(日本史)の関連キーワード惣領制

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android