太政官(古代)(読み)だいじょうかん

百科事典マイペディアの解説

太政官(古代)【だいじょうかん】

律令制の最高官庁。〈だじょうかん〉とも。天皇のもとで現在の立法・司法・行政にあたる分野を総括。太政大臣・左大臣・右大臣・大納言(だいなごん),後に中納言・参議も加わって政務を審議。左・右の弁官局(べんかんきょく)が八省その他諸官庁の行政事務を統轄。なお明治期には太政官(だじょうかん)。→神祇官
→関連項目官宣旨刑部省国富荘解由状参議少納言宣旨太政大臣大臣大納言内大臣八省覇流村弁官水沼村壬生家民部省符

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android