太政官(古代)(読み)だいじょうかん

百科事典マイペディアの解説

太政官(古代)【だいじょうかん】

律令制の最高官庁。〈だじょうかん〉とも。天皇のもとで現在の立法・司法・行政にあたる分野を総括。太政大臣・左大臣・右大臣・大納言(だいなごん),後に中納言・参議も加わって政務を審議。左・右の弁官局(べんかんきょく)が八省その他諸官庁の行政事務を統轄。なお明治期には太政官(だじょうかん)。→神祇官
→関連項目官宣旨刑部省国富荘解由状参議少納言宣旨太政大臣大臣大納言内大臣八省覇流村弁官水沼村壬生家民部省符

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android