太政官(明治時代)(読み)だじょうかん

百科事典マイペディアの解説

太政官(明治時代)【だじょうかん】

明治維新後の最高行政官庁。1868年公布の政体書によって設置され,2度の官制改革を経て左院右院正院の三院制度となったが,実質は正院が中心。1885年内閣制度の制定で廃止。なお律令制下では太政官(だいじょうかん)。
→関連項目樺太開拓使議政官三院制恤救規則政府太政官布告内閣(日本)ブラック

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android