コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太政官(明治時代) だじょうかん

1件 の用語解説(太政官(明治時代)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

太政官(明治時代)【だじょうかん】

明治維新後の最高行政官庁。1868年公布の政体書によって設置され,2度の官制改革を経て左院右院正院の三院制度となったが,実質は正院が中心。1885年内閣制度の制定で廃止。
→関連項目樺太開拓使議政官三院制恤救規則政府太政官布告内閣(日本)ブラック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

太政官(明治時代)の関連キーワード改定律例行政官庁神祇官太政官治罪法七官太政官布告中央官庁地方行政官庁中央行政官庁

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone