暗然・闇然(読み)あんぜん

精選版 日本国語大辞典の解説

あん‐ぜん【暗然・闇然】

〘形動ナリ・タリ〙 (現代では多く「暗然と(して)」の形で用いられる)
① 暗いさま。また、黒いさま。
※玉葉‐承安元年(1171)一一月二一日「此間、漸以暗然、依仰頼実取脂燭、参上、尚以暗」
※浮世草子・宗祇諸国物語(1685)二「前後闇然(アンセン)として行先も見えず」 〔史記‐孔子世家〕
② はっきりしないさま。あいまいな様子。
※玉葉‐嘉応元年(1169)正月七日「自身作法尚以暗然、於他人之礼儀哉」 〔礼記‐中庸〕
③ 悲しみに心がふさぐさま。気落ちしたさま。
※愚迷発心集(1213頃)「豈只暗然として徒に有難き日月を送らんや」
※太平記(14C後)三「余りに暗然(アンぜん)として守り居たるも云甲斐なし」 〔江淹‐別賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる