コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福山[町] ふくやま

2件 の用語解説(福山[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

福山[町]【ふくやま】

鹿児島県中東部,姶良(あいら)郡の旧町。鹿児島湾に断層崖が迫り,背後のシラス台地は生産性が低い。古くから米酢の醸造が盛ん。ミカン栽培,畜産,ハマチの養殖も行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくやま【福山[町]】

鹿児島県中部,姶良(あいら)郡の町。人口7575(1995)。鹿児島湾の湾奥東部に位置する。急傾斜地の迫る海岸部と,その背後に広がる標高300~400mの牧之原台地からなる。海岸沿いに国道220号線が通り,中央を国道10号線が横断する。中世には廻氏が仁田尾城を根拠として400年にわたって支配下においた。近世には島津氏の所領となり,牧之原台地に牧場が開発され,馬産の中心地となったが,1779年(安永8)の桜島噴火後,牧場は廃された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone