(読み)ら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羅(ら)

(しゃ)、絽(ろ)(こめ)などと同じ綟(もじ)り織(からみ織)物の一種で、「うすばた」「うすもの」などといわれる。中国では古く漢代から行われた織物で、日本には7世紀ごろまでにその技術が伝わっていたものと思われる。組織は非常に複雑で、紗が2本の経糸(たていと)のよじれを主としているのに対して、これは2本がその外側の2本とさらによじれて、つまり4本の経糸が互いによじれて、網目のような形をつくる。この網綟りが一つ置きに外れると、中の開いたいわゆる籠(かご)綟りの形ができる。これが無文の羅で、この籠綟りを地として組織の密な網綟りの部分で文様を織り出したのが文羅(もんら)である。文様は綟り組織による斜直線を用いるのがもっとも自然でつくりやすいので、菱(ひし)を主とした四つ菱、子持(こもち)菱、入子(いれこ)菱などが多いが、まれには花文唐草(かもんからくさ)などを用いたものもある。羅を織るには、組織が網目のように千鳥に絡んでいて筬(おさ)打ちが困難なので、古くはへらを用いて緯(よこ)を打ち込んだもののようである。『延喜式(えんぎしき)』(927)によれば、織幅2尺6寸(約78センチメートル)の羅を織るのに長功(日の長い4~7月)で1日に有文で1尺1寸(約33センチメートル)、無文で2尺(約60センチメートル)、短功は有文7寸(約21センチメートル)、無文1尺4寸(約42センチメートル)とある。
 鎌倉から室町時代になると羅を織る技術はしだいに衰え、『実隆公記(さねたかこうき)』に、冠師が近来羅が織れなくなったといっている。江戸時代には先年発掘調査した2代将軍の冠に網目羅が用いられていたが、一般にはほとんど廃絶していたようである。
 昭和の初め京都の喜多川平朗(へいろう)ほか2、3の人が上代羅の復原を試みている。羅の織技は現在国の重要無形文化財に指定されており、前記喜多川平朗のほか北村武資(たけし)(1935― )が技術保持者として認定されている。[山辺知行]

ペルーの羅

中国に始まった東洋の羅に対して、これとほとんど同じ組織のものが南アメリカ、ペルーのプレ・インカの織物のなかにあることは驚異に値する。ペルーの羅はすでに紀元前から一部に行われていたものとみられ、主として弾力のある強撚(きょうねん)の綿糸が用いられている。したがって絹糸による東洋の羅のような精細なものでもなく、織機は素朴な居座機(いざりばた)で、へらで経糸をすくってよじらせながら織っていくもので、これらは、もとよじり編物のスプラングに緯糸を通すことによって発生したものではないかと考えられる。[山辺知行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羅の関連情報