コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

颶風 グフウ

3件 の用語解説(颶風の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐ふう【×颶風】

強く激しい風。
「砲車雲(もとくも)は拡がる、今にも一大―が吹起りそうに見える」〈二葉亭浮雲
熱帯低気圧温帯低気圧に伴う暴風をいう古い気象用語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

颶風【ぐふう】

四方から吹きまわしてくる風系を中国では昔颶風と呼んだ。日本でも,たとえば台風は熱帯颶風といい,発達した温帯低気圧に伴われた暴風は単に颶風と呼ばれた。現在は用いられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぐふう【颶風】

強く激しく吹く風。
もと気象用語で、風速32.7メートル 以上の強風をさした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の颶風の言及

【台風】より

…国際的には世界気象機関(WMO)で定めた名称が用いられる(表1)。 中国では,台風のように風向の旋回する強い風系(つむじ風)を昔から〈颶風(ぐふう)〉と呼んでいたが,このような風系をアラブの航海者たちはtūfānと呼び,フランスやイギリスではそれぞれtyphon,typhoonと呼んだ。日本では,江戸時代には熱帯低気圧を中国にならって〈颶風〉と訳した文献があるが,明治の初めには〈タイフーン〉または〈大風〉とかいっていたようである。…

※「颶風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

颶風の関連キーワード西風風の吹き回し川風高嶺颪どういう風の吹き回しか深山颪吹き惑ふ吹回し前まわしクオーターウインド

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

颶風の関連情報