コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野分き ノワキ

デジタル大辞泉の解説

の‐わき【野分き】

《野の草を風が強く吹き分ける意》秋から冬にかけて吹く暴風。特に、二百十日二百二十日前後に吹く台風。のわきのかぜ。のわけ。 秋》「吹きとばす石は浅間の―かな/芭蕉
源氏物語第28巻の巻名。光源氏36歳。野分きの吹き荒れたあと、夕霧の見た紫の上明石姫君明石の中宮)のようすなどを述べる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のわき【野分き】

〔野の草を吹き分ける風、の意〕
二百十日、二百二十日前後に吹く暴風。台風。あるいはその余波の風。また、秋から初冬にかけて吹く強い風。のわけ。のわきのかぜ。 [季] 秋。 《 吹飛ばす石は浅間の-かな /芭蕉 》
源氏物語の巻名。第二八帖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

野分きの関連キーワード野分きの風野分き立つ野分け中宮初冬余波

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野分きの関連情報