コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みっともない ミットモナイ

1件 の用語解説(みっともないの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みっとも‐な・い

[形]《「みともない」の音変化》見た目にわるい。体裁がわるい。「―・いなり」「―・いまねはしないでくれ」
[派生]みっともなさ[名]
[用法]みっともない・みぐるしい――「客の前で兄弟げんかをするなんてみっともない(見苦しい)」「前をはだけたみっともない(見苦しい)格好」「みっともない(見苦しい)行為」など、相手に不快感を与えるさまの意では相通じて用いられる。◇「三年も浪人して、また不合格ではみっともない」のように、人目に対して体裁が悪いという本人の気持ちをいう場合は「みっともない」が、「相手の逃げ腰の態度が、見ていて見苦しかった」のように、他人の行為などについていう場合は「見苦しい」がより適切。◇類似の語の「みにくい(醜い)」は、対象についての分析的な評価であって、より客観的である。「遺産をめぐるみにくい争い」「親友のみにくい心を知って絶望した」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

みっともないの関連情報