コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みっともない ミットモナイ

デジタル大辞泉の解説

みっとも‐な・い

[形]《「みともない」の音変化》見た目にわるい。体裁がわるい。「―・いなり」「―・いまねはしないでくれ」
[派生]みっともなさ[名]
[用法]みっともない・みぐるしい――「客の前で兄弟げんかをするなんてみっともない(見苦しい)」「前をはだけたみっともない(見苦しい)格好」「みっともない(見苦しい)行為」など、相手に不快感を与えるさまの意では相通じて用いられる。◇「三年も浪人して、また不合格ではみっともない」のように、人目に対して体裁が悪いという本人の気持ちをいう場合は「みっともない」が、「相手の逃げ腰の態度が、見ていて見苦しかった」のように、他人の行為などについていう場合は「見苦しい」がより適切。◇類似の語の「みにくい(醜い)」は、対象についての分析的な評価であって、より客観的である。「遺産をめぐるみにくい争い」「親友のみにくい心を知って絶望した」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

みっともないの関連キーワード好い・良い・善い・宜い見たくでもないほてくろしい見とうもないみっともいいルドフスキーみとうもない指しゃぶりみともないほてくろし大人気無いはしたない醜態・醜体見たむない様は無い不味い正無し噴飯物好い年不格好

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

みっともないの関連情報