コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よもや(読み)ヨモヤ

デジタル大辞泉の解説

よも‐や

[副]《副詞「よも」に係助詞「や」を付けて意味を強めたもの》
万が一にも。いくらなんでも。「よもや負けることはあるまい」
(あとに推量の表現を伴って)きっと。たぶん。
「―張替ぐらゐはわかるだらう」〈滑・虚誕計・後〉
まさか[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よもや

( 副 )
〔「よも」に助詞「や」の付いた語〕
(下に打ち消しの語を伴って)可能性が皆無ではないが、いくらなんでもそのような事態は起こらないだろうと予想する気持ちを表す。まさか。 「彼に限って-裏切ることはあるまい」 「 -化物ではあるまい/草枕 漱石
きっと。たぶん。おそらく。 「 -もう盗んで帰りましたらう/黄表紙・金生木」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

よもやの関連情報