コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よもや ヨモヤ

デジタル大辞泉の解説

よも‐や

[副]《副詞「よも」に係助詞「や」を付けて意味を強めたもの》
万が一にも。いくらなんでも。「よもや負けることはあるまい」
(あとに推量の表現を伴って)きっと。たぶん。
「―張替ぐらゐはわかるだらう」〈滑・虚誕計・後〉
まさか[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よもや

( 副 )
〔「よも」に助詞「や」の付いた語〕
(下に打ち消しの語を伴って)可能性が皆無ではないが、いくらなんでもそのような事態は起こらないだろうと予想する気持ちを表す。まさか。 「彼に限って-裏切ることはあるまい」 「 -化物ではあるまい/草枕 漱石
きっと。たぶん。おそらく。 「 -もう盗んで帰りましたらう/黄表紙・金生木」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

よもやの関連キーワードニュージーランド文学茂出木 心護竹田 恒徳松島 順正木の芽張る村上 兵衛池島 信平桂 米之助坂本 朝一葭蘆仲住二十三夜漫ろ物語桂米之助炉辺談話愛しなげ然りとも島勝猛やわか桂米朝係助詞

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

よもやの関連情報