コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縦や ヨシヤ

デジタル大辞泉の解説

よし‐や【縦や】

[副]《副詞「よし」+間投助詞「」から》
たとえ。かりに。よしんば。
「―せつない思をしても」〈鴎外
ままよ。どうなろうとも。
「流れては妹背の山の中に落つる吉野の河の―世の中」〈古今・恋五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よしや【縦や】

( 副 )
〔副詞「よし(縦)」に助詞「や」の付いたもの〕
たとえ。かりに。 「 -心配があつたからつて/当世書生気質 逍遥
不満足ではあるがやむをえないさま。まあいい。ままよ。 「 -、命だにとて、夜のおましにいり給ひぬ/源氏 若紫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縦やの関連キーワードシミュレーション・ゲームカットファーストボールシミュレーションゲームセスナ・エアクラフト中華航空機墜落事故がんを見つける検査スケートボード中華航空機事故当世書生気質アビオニクスSTOL機ミフウズラ遠隔制御加速度病金華山丸ドラセナ無線操縦送り装置水上機竹穂垣

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縦やの関連情報