コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台[温泉] だい

1件 の用語解説(台[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だい【台[温泉]】

岩手県中部,花巻市湯本にある温泉。花巻温泉から北西へ約1.5km,台川の支流湯ノ沢渓谷に臨む。湯本という地名が示すように,花巻温泉郷随一の湯量を誇り,湯治場として古くから知られていた。1923年に大規模な温泉遊園地として開設された花巻温泉はここから引湯している。泉質は硫化水素泉,泉温52~100℃。東北自動車道花巻インターチェンジから6km,東北本線花巻駅からバスで30分。【谷沢 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

台[温泉]の関連キーワード石鳥谷花巻市花巻温泉富士大学花巻花巻蕎麦田瀬湖ステラミーゴいわて花巻とうわはやちね

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone