大原[町](読み)おおはら

百科事典マイペディアの解説

大原[町]【おおはら】

千葉県南東部,夷隅(いすみ)郡の旧町。中心市街は外房線いすみ鉄道分岐点で,地方商業の一中心。大原漁港は沖合漁業根拠地で,水産加工も盛ん。内陸部では米などを産する。波切不動堂(重要文化財)のある大聖寺,海水浴場があり,海岸部は南房総国定公園に属する。2005年12月,夷隅郡夷隅町,町と合併し市制,いすみ市となる。66.61km2。2万849人(2003)。

大原[町]【おおはら】

岡山県北東部,英田(あいだ)郡の旧町。主集落大原は渓口集落で,藩政時代は因幡(いなば)街道の宿場町。牛(粟倉(あわくら)牛)の飼育,野菜の抑制栽培が行われ,近年は企業誘致も進む。宮本は宮本武蔵の生地。2005年3月勝田郡勝田町,英田郡美作町,作東町,英田町,東粟倉村と合併し市制,美作市となる。54.48km2。4847人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおはら【大原[町]】

千葉県南東部,夷隅(いすみ)郡の町。人口2万0885(1995)。太平洋に面し,房総丘陵末端を含む。中心集落の大原は近世市場町で,3・8の六斎市が開かれていた。昭和初期に木原線(現,いすみ鉄道線)が大多喜まで開通してからは商圏を内陸部に伸ばした。漁業が盛んで,沖合のイワシ漁のほかアワビ,イナダイセエビなどが多く,水産加工も行われる。漁港や冷蔵施設,流通施設の整備も進められている。農業は米作が中心。

おおはら【大原[町]】

岡山県北東部,英田(あいだ)郡の町。人口5197(1995)。吉井川の支流吉野川上流域に位置し,河川沿いに低地があるほかは大部分が中国山地に属する山地からなる。中心集落の大原は東粟倉・西粟倉両谷の合流点に立地する谷口集落で,江戸時代は因幡街道の宿場町として栄えた。古町,中町,下町が街路村を形成,古町には本陣跡が残る。農業が基幹産業で,米作のほか,野菜や花木の栽培,畜産が行われる。林業も行われ,杉,ヒノキ良材を産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android