大社[町](読み)たいしゃ

百科事典マイペディアの解説

大社[町]【たいしゃ】

島根県北東部,日本海に面する簸川(ひかわ)郡の旧町。古く杵築(きづき)といい,出雲大社門前町として発達。一畑(いちばた)電車が通じる。砂丘ではブドウの栽培が盛ん。稲佐浜(いなさのはま)は遠浅の砂浜で全国から出雲大社に集まる神々の上陸地とされ,陰暦10月10日に神迎え神事が行われる。海水浴場でもある。日御碕(ひのみさき)がある。2005年3月平田市,簸川郡佐田町,多伎町,湖陵町と出雲市へ編入。41.80km2。1万6258人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいしゃ【大社[町]】

島根県北部,簸川(ひかわ)郡の町。島根半島西端から大社湾岸の砂丘地帯に広がる出雲大社の門前町。人口1万6683(1995)。《出雲国風土記》の国引き神話ゆかりの地で,大正時代まで杵築(きづき)とよばれていた。中世,杵築十二郷七浦の中心として栄えた。1645年(正保2)完成の菱根新田,その後の大梶七兵衛による荒木浜の開拓や高瀬川,差海(さしみ)川,十間川の開削で,18世紀には綿作が盛んになり,町は木綿集散地としてもにぎわった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大社[町]の言及

【杵築】より

…出雲国(島根県)の地名。出雲大社の門前町。地名由来は《出雲国風土記》の神門(かんど)郡杵築郷の条に記してある所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ)の宮処を築いたことによる。…

※「大社[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android