瑞穂(読み)みずほ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瑞穂(島根県)
みずほ

島根県中央部、邑智(おおち)郡にあった旧町名(瑞穂町(ちょう))。現在は邑南(おおなん)町の中央部を占める地域。旧瑞穂町は1957年(昭和32)出羽(いずは)村が町制施行して瑞穂町と改称。2004年(平成16)石見(いわみ)町、羽須美(はすみ)村と合併、邑南町となる。広島県に隣接し、浜田自動車道、国道261号が通じる。中心集落出羽は古くから出羽鋼(はがね)の産地。明治末は牛市でにぎわい、昭和初期は県下一の木炭産地であった。高冷地の気候を利用しトマト、キャベツ、ハクサイが生産される。畜産も行われる。高原地形を利用し青少年旅行村やいこいの村が設置されている。[野本晃史]
『『瑞穂町誌』全2巻(1964、1966・瑞穂町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瑞穂の関連情報