社会民主党(1901年結成)(読み)しゃかいみんしゅとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会民主党(1901年結成)
しゃかいみんしゅとう

日本最初の社会主義政党。1901年(明治34)5月18日に片山潜(せん)、安部磯雄(いそお)、木下尚江(なおえ)、幸徳秋水(こうとくしゅうすい)、河上清(きよし)、西川光二郎(みつじろう)が結成。「純然たる社会主義と民主主義に依(よ)り、貧富の懸隔を打破して全世界に平和主義の勝利を得せしめん」ことを宣言し、8項目の理想として、人類同胞主義、軍備廃止、階級制度打破、生産機関の公有、交通機関の公有、分配の公平、政権の平等、自由教育を掲げた。また貴族院・治安警察法の廃止、普通選挙の採用、集会・言論・結社の自由など、28項目の綱領も定めた。ドイツ社会民主党の綱領を参考にしているが、ブルジョア民主主義の要求を強く打ち出している。主唱者6名のうち5名までがキリスト教徒であり、その観点もうかがえる。従来、社会民主党は即日禁止されたといわれてきたが、禁止を受けたのは5月20日で、2日間存続している。なお結社禁止と同時に、社会民主党宣言書を掲載した諸新聞も発売禁止となった。

[成田龍一]

『太田雅夫著『明治社会主義政党史』(1971・ミネルヴァ書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android