総持寺(読み)そうじじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総持寺(横浜市)
そうじじ

横浜市鶴見(つるみ)区鶴見町にある曹洞(そうとう)宗の大本山。山号は諸嶽山(しょがくさん)。本尊釈迦如来(しゃかにょらい)。明治期までは能登(のと)国鳳至(ふげし)郡櫛比庄(くしひのしょう)(石川県輪島(わじま)市門前町門前(もんぜんまちもんぜん))にあった。その地には行基(ぎょうき)が開創したと伝える真言宗寺院諸嶽寺観音(かんのん)堂があったが、1321年(元亨1)瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)が住持の定賢(じょうけん)より寺領の寄進を受け、ここに僧堂を開き、寺号を諸嶽山総持寺と改めた。これより当寺は曹洞宗となり、瑩山が開山となった。翌年後醍醐(ごだいご)天皇の勅により官寺に列し、越前(えちぜん)(福井県)の永平寺とともに大本山と称して一宗の出世道場とされた。ついで第2世峨山韶碩(がさんじょうせき)のとき大いに寺の基礎が固められ、門下に太源宗真(たいげんそうしん)、通幻寂霊(つうげんじゃくれい)、無端祖環(むたんそかん)、大徹宗令(だいてつそうれい)、実峰良秀(じっぽうりょうしゅう)の五哲が出てそれぞれ塔頭(たっちゅう)を開き、以後この5支院の住持が輪番で本山をつかさどる制が定められた。またほかにも多数の名僧を輩出し教線を拡大したが、中世以来、出世道場の資格をめぐって永平寺との間にしばしば紛争があり、1615年(元和1)徳川家康によって両寺ともに大本山と定められた。江戸時代には加賀(かが)前田家より寺領400石を許された。1870年(明治3)輪住制を廃し、5院を本山に合併し、旃崖奕堂(せんがいえきどう)を独住第1世とし、大岡棋仙(だいこうきせん)、穆山瑾英(ぼくざんきんえい)、牧牛素堂(ぼくぎゅうそどう)と代を重ねたが、1898年4月13日の夜、大法堂より出火して一山を灰燼(かいじん)に帰した。これを機に1907年(明治40)に官許を得て現在地に移転し、旧地には別院(総持寺祖院)を置いて今日に至る。境内は広大な丘陵上にあり、近年太祖(たいそ)堂なども増建され、一大伽藍(がらん)の威容を誇っている。寺宝に紙本着色提婆達多(だいばだった)像、絹本着色紹瑾和尚(おしょう)像など国重要文化財がある。[平井俊榮]
『室峰梅逸編『総持寺誌』(1965・総持寺) ▽粟山泰音著『総持寺史』(1938・総持寺)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総持寺の関連情報