自棄(読み)ヤケ

デジタル大辞泉「自棄」の解説

やけ【自棄】

[名・形動]《「焼け」と同語源》物事が自分の思いどおりに運ばなくて、どうにでもなれという気持ちになり、思慮のない乱暴な振る舞いをすること。また、そのさま。やけくそ。自暴自棄。「自棄を起こす」「自棄な調子で捨てぜりふをいう」
[類語]自暴自棄破れかぶれふてくされるやけくそやけっぱち自棄捨て鉢八方破れ無謀無鉄砲めくら滅法闇雲盲目的後先見ず向こう見ず命知らず無闇やたらみだり無性にむやみやたらめったやたらめった無下に後先なし無軌道放埒ほうらつ放縦放逸奔放野放図勝手次第好き勝手ほしいままデスパレート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「自棄」の解説

じ‐き【自棄】

〙 自分自身に失望してすてばちになること。やけをおこすこと。「自暴自」 〔文明本節用集(室町中)〕
※収穫(1910)〈前田夕暮〉上「何物にか踏みにじられしあとに似て自棄の心のやるよしもなし」 〔孟子‐離婁・上〕

やけ【自棄】

〘名〙 ⇒やけ(焼)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「自棄」の解説

【自棄】じき

自らみすてる。〔孟子、離婁上〕が身、に居り義に由る能はずとする、之れを自と謂ふ。

字通「自」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android