豊田(読み)とよた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊田(山口県)
とよた

山口県西部、豊浦(とようら)郡にあった旧町名(豊田町(ちょう))。現在は下関市の北東部を占める地域。木屋(こや)川中流の西市(にしいち)盆地を中心とする水田農村地域。旧豊田町は、1954年(昭和29)西市町と殿居(とのい)、豊田中、豊田下(しも)の3村が合併して成立。2005年(平成17)下関市と合併。古代条里遺構の残る西市盆地は、中世に豪族豊田氏が勢力を振るった所。近世の市場町として栄えた西市には下関市豊田総合支所があり、県西部内陸の商業、交通の中心。地域内は国道43号、491号が通じる。ナシの栽培と乳牛の飼育が盛ん。西の華山(げさん)や狗留孫(くるそん)山(国の名勝)、北東の豊田湖や石柱渓(せきちゅうけい)(国の名勝・天然記念物)は豊田県立自然公園。豊田、荒木、一の俣などの温泉がある。木屋川のゲンジボタル発生地は国の天然記念物。[三浦 肇]
『『豊田町史』(1979・豊田町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊田の関連情報