コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田[市] とよた

百科事典マイペディアの解説

豊田[市]【とよた】

愛知県中部,矢作(やはぎ)川中流の挙母(ころも)盆地と美濃三河高原の一部を占める市。1951年挙母市として市制,1959年改称。中心市街は江戸時代,城下町として発達。1937年トヨタ自動車の工場設置以来,全国有数の工業都市として急速に発展した。製造品出荷額は9兆4357億円(2003)を上げ,県内で名古屋市を抜いて1位,中でも輸送用機器工業が9割を占めている。東部の大半を占める山地では農林業も行う。名鉄豊田線・三河線,愛知環状鉄道,東部丘陵線(リニモ),東名高速道路,伊勢湾岸自動車道が通じる。猿投(さなげ)窯の窯跡がある。2005年4月西加茂郡藤岡町,小原村,東加茂郡足助町,町,稲武町,下山村を編入。918.32km2。42万1487人(2010)。
→関連項目愛知万博加茂一揆企業城下町松平

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよた【豊田[市]】

愛知県中部の市。1951年挙母(ころも)町が市制を施行し,59年トヨタ自動車の会社名をとって現名に改称。その後,上郷町,高岡町,猿投(さなげ)町,松平町を編入した。人口34万1079(1995)。矢作(やはぎ)川の中流部に市街地をもつ内陸工業都市で,面積(290.1km2)は県内では名古屋市に次ぐ。中世末期には徳川家康の祖である松平氏らの土豪が割拠していた。近世は譜代の挙母藩2万石の城下町として,また矢作川水運を利用した中継商業地として栄え,明治に入ってからは繭の集散地としてにぎわった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android