コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田[町] とよた

4件 の用語解説(豊田[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

豊田[町]【とよた】

山口県西部,豊浦郡の旧町。木屋(こや)川中流の盆地が中心で,主集落の西市は川の右岸にある地方的市場町。農林業を営む。ダム湖の豊田湖,石柱渓(名勝・天然記念物),修禅寺のある狗留孫(くるそん)山(名勝),木屋川ゲンジボタル発生地(天然記念物)がある。

豊田[町]【とよだ】

静岡県,天竜川下流域左岸を占める磐田(いわた)郡の旧町。東海道本線が通じる。西は川をはさんで浜松市,東は磐田市に接する。温室メロン,茶,ネギ,トマトを産する。2005年4月磐田郡福田町,竜洋町,豊岡村と磐田市へ編入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とよた【豊田[町]】

山口県西部,豊浦郡の町。人口7349(1995)。南東部を瀬戸内海に注ぐ木屋(こや)川が南流し,北部は日本海に注ぐ粟野川流域を占める。中心地の西市は木屋川の沖積平野に開けた市場町で,古代から中世にかけて豪族豊田氏の本拠地であった。山口と響灘沿岸を結ぶ肥中街道,山陽と山陰を結ぶ赤間関街道が交差する地で,近世には宿場町としても栄えた。農林業が中心で,梨,イチゴの栽培,酪農,養鶏が行われる。町の南西部と北東部は豊田県立自然公園に指定され,西の高野山といわれる神上寺のある華(げ)山や狗留孫(くるそん)山(名),石柱渓(天・名)や木屋川ゲンジボタル発生地(天)がある。

とよだ【豊田[町]】

静岡県南西部,磐田郡の町。1973年町制。人口2万7404(1995)。天竜川下流東岸に位置する。中世に天竜川渡河の宿駅,近世に渡船場として栄えた池田宿の地で,謡曲《熊野(ゆや)》で知られる長藤(天)が行興寺にある。天竜川沿いの肥沃な土地で,米作,ネギをはじめとする野菜栽培が行われるほか,良質な温室メロンを産する。北東部の台地では茶,ミカンの栽培が盛ん。国道1号線が中央部を通り,西の浜松市,東の磐田市のベッドタウンとして発展を続け,人口が急増している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豊田[町]の関連キーワード小郡山口県山口山口県立大学宇部下関豊浦宮穴門豊浦宮美祢額田部広麻呂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone