豊田[町](読み)とよた

百科事典マイペディアの解説

豊田[町]【とよた】

山口県西部,豊浦郡の旧町。木屋(こや)川中流の盆地が中心で,主集落の西市は川の右岸にある地方的市場町。農林業を営む。ダム湖の豊田湖,石柱渓名勝天然記念物),修禅寺のある狗留孫(くるそん)山(名勝),木屋川ゲンジボタル発生地(天然記念物)がある。2005年2月豊浦郡菊川町,豊浦町,豊北町と下関市へ編入。163.47km2。6840人(2003)。

豊田[町]【とよだ】

静岡県,天竜川下流域左岸を占める磐田(いわた)郡の旧町。東海道本線が通じる。西は川をはさんで浜松市,東は磐田市に接する。温室メロン,茶,ネギ,トマトを産する。2005年4月磐田郡福田町,竜洋町,豊岡村と磐田市へ編入。19.82km2。2万8994人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよた【豊田[町]】

山口県西部,豊浦郡の町。人口7349(1995)。南東部を瀬戸内海に注ぐ木屋(こや)川が南流し,北部は日本海に注ぐ粟野川流域を占める。中心地の西市は木屋川の沖積平野に開けた市場町で,古代から中世にかけて豪族豊田氏の本拠地であった。山口と響灘沿岸を結ぶ肥中街道,山陽と山陰を結ぶ赤間関街道が交差する地で,近世には宿場町としても栄えた。農林業が中心で,梨,イチゴの栽培,酪農,養鶏が行われる。町の南西部と北東部は豊田県立自然公園に指定され,西の高野山といわれる神上寺のある華(げ)山や狗留孫(くるそん)山(名),石柱渓(天・名)や木屋川ゲンジボタル発生地(天)がある。

とよだ【豊田[町]】

静岡県南西部,磐田郡の町。1973年町制。人口2万7404(1995)。天竜川下流東岸に位置する。中世に天竜川渡河の宿駅,近世に渡船場として栄えた池田宿の地で,謡曲《熊野(ゆや)》で知られる長藤(天)が行興寺にある。天竜川沿いの肥沃な土地で,米作,ネギをはじめとする野菜栽培が行われるほか,良質な温室メロンを産する。北東部の台地では茶,ミカンの栽培が盛ん。国道1号線が中央部を通り,西の浜松市,東の磐田市のベッドタウンとして発展を続け,人口が急増している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android