起(愛知県)(読み)おこし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

起(愛知県)
おこし

愛知県一宮市(いちのみやし)西部の地区。木曽(きそ)川東岸に位置し、美濃路(みのじ)の宿場町、木曽川渡船場を兼ねる河港で、本陣、脇(わき)本陣、問屋場もあった。結城縞(ゆうきじま)、土人形を産し、毛織物工場が多い。濃尾(のうび)大橋で岐阜県羽島市と結ぶ。

[編集部]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる