コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊山[町] りょうぜん

2件 の用語解説(霊山[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

霊山[町]【りょうぜん】

福島県北東部,伊達(だて)郡の旧町。霊山西麓を占め,福島市の東に接する。中心は掛田(かけだ)で,製糸・製材工場がある。標高825mの霊山(史跡・名勝)は花コウ岩と玄武岩質集塊岩などからなり,風雨による浸食により奇観を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうぜん【霊山[町]】

福島県北東部,伊達郡の町。人口1万0701(1995)。阿武隈川の支流広瀬川の中流域を占める。阿武隈高地の北端にあたり,霊山(805m)を最高峰に標高300~500mの山々に囲まれる。近世以来養蚕が盛んで,明治になると〈掛田折り返し糸〉の名は全国に知られ,生糸の町としてにぎわったが,近年はキュウリイチゴ,ニラ,シイタケが特産である。国道115号,349号線が通じる。【佐藤 裕治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone