コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島[町] みしま

4件 の用語解説(三島[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三島[町]【みしま】

福島県西部,大沼郡の町。大部分が山地で,只見川と支流大谷川の合流点付近に主集落宮下があり,只見線に沿う。農林業が主。三島神社,宮下ダムと宮下発電所がある。90.81km2

三島[町]【みしま】

新潟県中部,三島(さんとう)郡の旧町。東は越後平野の一部で,西は丘陵地。中心の脇野は丘陵端に位置する。のこぎりなどの鍛冶金物,酒を特産。中世の山城跡である小木ノ城跡は行楽地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みしま【三島[町]】

福島県西部,大沼郡の町。人口2674(1995)。只見川中流域に位置し,山林が町域の大半を占める。中心の宮下は只見川南岸の河岸段丘上にあり,近世は沼田街道の宿場町であった。1931年には国鉄会津線(現,JR只見線)が宮下まで通じ,宮下発電所の建設も開始され,只見川電源開発の拠点として発達した。葉タバコの栽培が盛んで,古くから会津桐の中心産地として知られ,たんす,桐下駄など桐材加工も行われる。豪雪地で県内でも有数の過疎地であるが,1974年から全国に先がけて大都市住民を対象にした〈ふるさと運動〉を実施し,自然を生かした観光地づくりを行っている。

みしま【三島[町]】

新潟県中部,三島(さんとう)郡の町。人口7269(1995)。西部は小木ノ城山系の山地,東部一帯は広大な平たん地でその中央を信濃川の支流黒川が流れる。長岡市に隣接し北陸自動車道長岡インターチェンジにも近い。中心の脇野町(わきのまち)は江戸時代は天領で,幕府の代官所が置かれた。江戸末期以来のこぎりなど刃物特産地として知られ,現在も大工道具の産地となっている。主産業は農業であるが,200年の伝統をもつ清酒をはじめ,みそ,しょうゆの醸造や製麵などの食品工業も盛んで,精密機械工業も立地する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三島[町]の関連キーワード会津岩代あま尾瀬街道みしま宿蘆名盛久小栗山喜四郎佐治幸平長董馬場愿治會津男山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone