中原(読み)なかはら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中原(神奈川県)
なかはら

神奈川県川崎市の中央部にある一地区および区名。もと橘樹(たちばな)郡中原町の地域で、1933年(昭和8)川崎市と合併した。JR南武線と東京急行電鉄東横線が通じ、武蔵小杉(むさしこすぎ)で交わる。またJR横須賀線、武蔵野線、国道409号が通じる。地形上は多摩川の三角州で、蛇行の名残(なごり)が等々力(とどろき)その他の町の境界にしのばれる。中央部や東部に縄文時代の遺跡が、また南の矢上(やがみ)川畔や北の多摩川畔(丸子(まるこ))に古墳跡がみられるので、この平坦(へいたん)地が先史時代からすでに開けていたことがわかる。奈良・平安時代以後は開拓が進んだが、戦国時代には小田中(おだなか)の泉沢寺(せんたくじ)門前の楽市(らくいち)がよく知られた。江戸時代には中原往還(脇(わき)往還)が通り小杉宿が設けられていたが、東海道筋の発展に伴って宿の利用はさほど活発ではなかった。昭和初期に南武・東横両線が開通して東京、横浜と直結し、都市的発展が進むこととなった。第二次世界大戦後は、電機、機械、金属、食料品を主とする内陸型工業の進出で工業化と住宅地化が進められ、武蔵小杉駅前には大型店舗、高層ビル、行政諸機関が集中し、川崎市の副都心といわれる。上丸子の日枝神社の歩射(ぶしゃ)(流鏑馬(やぶさめ))と祭ばやし、下小田中の大戸神社の祭ばやしは、民俗芸能として有名。なお、中原区は、1972年(昭和47)川崎市が政令指定都市となったときに設定された5区の一つ。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中原の関連情報