(読み)こうぶり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冠(こうぶり)
こうぶり

「かがふり」の転で、頭にかぶるものの意。推古(すいこ)朝に冠位十二階が制定されたとき(603)、位階の等級を表示するため、被(かぶ)り物の色や生地を規定し、朝服用に確立された。転じて、官職を「つかさ」というのに対して、位階をさす語となったが、昇殿を許されて位用の給与を受ける五位を栄爵(えいしゃく)といったので、とくにこの位をいうことが多い。五位に叙せられることを「冠を得る」「冠を賜る」という。また年爵を意味する場合もある。「冠を挂(か)く」とは、「挂冠(けいかん)」の訓読で、辞職すること。一方、男子は元服式の際に冠(烏帽子(えぼし))をかぶるところから、元服すること(「初冠(ういこうぶり)」「加冠」)をもいった。なお、「かんむり」も「かがふり」が転じた語である。[兼築信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠の関連情報