地獄(読み)じごく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地獄(地熱現象)
じごく

噴気孔、硫気孔、沸騰泉、間欠泉泥火山、湯沼(ゆぬま)などの激しい地熱現象を古来日本では地獄とよんでいる。また炭酸ガスを噴出する地域や大きな冷泉に地獄の名がつけられている所もある。赤色に見えるものを血の池地獄、紺色に見えるものを紺屋(こんや)地獄とよぶなど全国的に共通した呼び名もあるが、伝説に由来した名、虫地獄や鳥地獄など小動物がそこで死ぬことにちなんだ名、竜巻(たつまき)地獄、泡沸(ほうふつ)地獄など噴出状況を表した名などいろいろな名称がつけられている。[湯原浩三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地獄の関連情報