地獄(読み)じごく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地獄(地熱現象)
じごく

噴気孔、硫気孔、沸騰泉、間欠泉泥火山、湯沼(ゆぬま)などの激しい地熱現象を古来日本では地獄とよんでいる。また炭酸ガスを噴出する地域や大きな冷泉に地獄の名がつけられている所もある。赤色に見えるものを血の池地獄、紺色に見えるものを紺屋(こんや)地獄とよぶなど全国的に共通した呼び名もあるが、伝説に由来した名、虫地獄や鳥地獄など小動物がそこで死ぬことにちなんだ名、竜巻(たつまき)地獄、泡沸(ほうふつ)地獄など噴出状況を表した名などいろいろな名称がつけられている。[湯原浩三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地獄の関連情報