天川・天河(読み)あまのがわ

精選版 日本国語大辞典「天川・天河」の解説

あま‐の‐がわ ‥がは【天川・天河】

〘名〙 (古くは「あまのかわ」とも)
① 銀河(ぎんが)を、天空の川に見たてた呼び名。七月七日の夜、牽牛(けんぎゅう)と織女(しょくじょ)がこの川を渡って年に一度逢うという、七夕(たなばた)伝説がある。銀漢。天漢。《季・秋》
※万葉(8C後)一五・三六五八「夕月夜(ゆふづくよ)影立ち寄り合ひ安麻能我波(アマノガハ)漕ぐ舟人を見るが羨(とも)しさ」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)越後路「荒海や佐渡によこたふ天河」
② 「七夕(たなばた)」、また「七夕祭(たなばたまつり)」のこと。
※雑俳・柳多留‐一八(1783)「四方からふでをつっこむ天の川」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android