天川・天河(読み)あまのがわ

精選版 日本国語大辞典「天川・天河」の解説

あま‐の‐がわ ‥がは【天川・天河】

〘名〙 (古くは「あまのかわ」とも)
銀河(ぎんが)を、天空の川に見たてた呼び名。七月七日の夜、牽牛(けんぎゅう)織女(しょくじょ)がこの川を渡って年に一度逢うという、七夕(たなばた)伝説がある。銀漢。天漢。《季・秋》
万葉(8C後)一五・三六五八「夕月夜(ゆふづくよ)影立ち寄り合ひ安麻能我波(アマノガハ)漕ぐ舟人を見るが羨(とも)しさ」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)越後路「荒海佐渡によこたふ天河」
② 「七夕(たなばた)」、また「七夕祭(たなばたまつり)」のこと。
※雑俳・柳多留‐一八(1783)「四方からふでをつっこむ天の川

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android