松江[市](読み)まつえ

百科事典マイペディアの解説

松江[市]【まつえ】

島根県東部の市。1889年市制。県庁所在地。宍道(しんじ)湖中海にはさまれた松江平野および島根半島東部,宍道湖南岸一帯を占める。宍道湖東岸の中心市街は近世初期には小漁村であったが,1607年堀尾吉晴が亀田山に城を築き,1638年松平氏が封じられて以後城下町として発展。市街中央を大橋川が流れ,城下町の面影が残る。1908年山陰本線開通後,周辺農山漁村の経済・文化の中心となった。雑賀(さいか)町の木工業,母衣(ほろ),中原両町の和菓子,楽山焼,八雲塗など伝統工業のほか,1966年の新産業都市指定以降は工業団地が造成され,電気機械,事務機器などの工場が立地し,近年は産業の高度化が図られている。JR山陰本線,木次線,一畑電車,山陰自動車道,国道9号線が通じる。出雲国分寺跡(史跡),松江城,ラフカディオ・ハーン旧宅,菅田庵(かんでんあん)などの史跡,島根大学がある。2005年に中海,宍道湖がラムサール条約登録湿地となる。2005年3月八束郡鹿島町,島根町,美保関町,玉湯町,宍道町,八束町,八雲村を,2011年8月八束郡東出雲町を編入。572.99km2。20万8613人(2010)。
→関連項目島根[県]島根大学伯備線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつえ【松江[市]】

島根県北東部にある県庁所在都市。1889年市制。人口14万7416(1995)。市街地は島根半島の南側,宍道(しんじ)湖中海にはさまれた松江平野に位置し,東流する大橋川によって北の末次(橋北)と南の白潟(しらかた)(橋南)に二分されている。江戸時代初期に堀尾吉晴が北部の亀田山に築城し,京極氏を経て松平氏の城下町として繁栄した。明治維新後,松江に県庁が置かれて県の政治・経済・文化の中心となり,1908年宍道湖の南岸に山陰本線,28年北岸に一畑(いちばた)電鉄が開通して市街地が拡大した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android